• 木. 4月 18th, 2024

優しくて明るい先生[Hanasoオンライン英会話体験の記録]

私自身、英語を学ぶ時発音をすごく気にしていました。アメリカの英語の発音を学ぶと決めていました。そんな私がオンライン英会話を受けてみて感じたのは、結構フィリピンの先生の発音も昔に比べるとずいぶん良くなっているという感想です。私たちも日本に住みながら、YouTubeでアメリカ人の英語を聞ける環境は整っています。特にRの音、巻き舌英語がアメリカ的だと思っているのですが、実際には西海岸と東海岸でもずいぶん発音が違います。私の感想でいえば、今フィリピンの英語の先生はコストパフォーマンス的にありだと分かりました。体験レッスンを受けてみるといいですよ。

オンライン英会話を受講してみた最近の感想

オンライン英会話をリーズナブルに受講すると,今のところ4社ともフィリピンの先生です。皆さん熱心に指導してくれます。発音に関してもたまに聞き取りづらい場合がある程度で,ほぼネイティブの発音と言っても過言ではありません。今発音に関して言えばネットとかで十分な情報が得られ, 先生の年齢に関係なく正しい発音がされているように感じます。私自身が30年前に英語をバリバリに勉強しようと思っていた時は,どうしてもアメリカ英語の発音を身に付けたいと言う気持ちが強かったです。youTubeのない時代でしたからそれが唯一の方法でした。今は違います。もし私が学生ならとにかく毎日リーズナブルな英語レッスンを受けて,細かい発音の矯正はYouTubeを見ておこないます。今では字幕を出す機能も十分に発達しているので,好きな映画を見ながら英語発音を矯正していくことが可能です。

  • YouTubeで好きな発音を練習してオンライン英会話はリーズナブルな国の先生でたくさん練習する

オンライン英会話レッスンはフリートークがいい

オンライン英会話レッスンの場合はフリートークを選択することをお勧めします。特別なトピックを決めておく必要はありません。実際私自身トピックを決めている場合と決めていない場合とレッスンを受けてみました。授業として成り立たせる場合にはトピックを決めて,それに対しての質問や新しい表現を教える。そんな授業が行われます。なんとなく授業の進行に合わせて話させられていくと言う気持ちの悪さが残るのです。完全フリートークレッスンの場合,まぁほとんどの場合は自己紹介から始まり過去の経験や未来に対してどういう行動をとっていくのか。そんなことを思いつくまま話し続けるようなレッスンになります。これってすごく重要で,今できる自分の文章表現、会話表現を再確認して自習につなげることができます。もしも自信がなければカリキュラム型の選択もあると思いますが,私の英語学習経験上はどれだけフリー(自由に)頭の中の言いたいことを言葉にできるかが,重要だと確信しています。

  • 決められたことを話すことを練習するより、頭の中のイメージを言葉にすることやできないもどかしさを感じることが重要

会話のレベル

まず第一に目指すべき会話のレベルは,時制の一致です。日本語よりも英語の方がより強く,今なのか、昨日なのか、明日なのか、やり終わったのか、している最中なのか。そういった行動の時間の流れに敏感です。これらが混じり合っていたりすると何を言ってるのかよくわからない,子供っぽい文章になってしまいます。状態を表すBe動詞, 動作を表す一般動詞を現在形,過去形,進行形をいっしょに覚えて使います。最初はシンプルなものから徐々に複雑な文章にしていくことになります。まずはシンプルな文章で言いたいことを表現する方法を学ぶと良いでしょう。海外に行った経験ですが,This one,please!で注文できるオーダーもI’d love to choose this dishes.ともうどうしても食べたいみたいな感情を表現できるようになるのです。だからレッスン中に自分の表現についてもっといいのがあったら教えてくださいと頼むのもいいでしょう。でも言葉は学べても,言葉の持つ雰囲気やニュアンスを100%学習することはできません。日本語にした瞬間に解釈が分かれます。自分で使ってみて相手の反応で言葉を訂正していくのがいいでしょう。会話する時,先生の顔をよくみて察しましょう!

  • 英会話の学習は「とにかく伝える」からきちんとした英語文法にしていく勉強の積み重ねです。

先生を毎回変える学習スタイル

このフリートークレッスンの場合,とにかく自習と実践の繰り返しで英語を身につけるものです。でも毎回同じ内容になる可能性があるので,私は毎回違う先生を選び続けています。ひと回りしたら「Long time no see!」お久しぶり!という感じでまた先生を選んで,最近のアップデート情報や日本なら季節の変わった街の様子など伝える英会話がいいです。,フィリピンには2つの季節しかないそうですから日本の四季の話をすればいいでしょう。

Hanasoの先生

もちろん私は歳をとってしまっていると言う話ではあるのですが,先生たちはとてもお若くて元気があります。Hanasoオンライン英会話の先生は年代で選択できるので,1回目の体験レッスンは20代の先生、2回目は40代の先生で予約しました。今は1回目を受けた後で今日の昼から2回目を受けます。1回目のレッスンはとても楽しいものでした。随分熱心に話したし、聞いてももらいました。オンライン英会話に求めるの,注意深く聞いてくれて,その理解具合のフィードバックを受け取れることです。ズームかスカイプを使ったレッスンなので最初どうしてもとまどってしまいました。チャットの仕方もズームの使い方なので初めてならちょっと操作を迷います。

Hanasoオンライン英会話<無料体験レッスンはこちら>

2回目のレッスンも同じような感じで先生によるテンションの違いもなく,終始安心してレッスンを受けることができました。ただ、今回もズームによるレッスンのスタートまでの心細さと,会話中に訂正してくれるチャットでのやり取りをチャットボタンを押すまで気がつかない点。そしてレッスンが終わって急いで消してしまう、ズーム。その辺りの操作性が一つの慣れが必要なポイントになるでしょうか?(ちなみに私はPCで参加しているので、それでも比較的に操作性は良い方です)経験の多い先生でたくさんの語句の修正アドバイスをいただけました。私が歳をとっていることもあるのでしょうが若い先生はたくさん指摘しにくいのかもしれません。今回今までで1番多いアドバイスを文章で頂きました。

上記のPC webカメラとマランツのUSBマイクを使っています。私の場合は2回のレッスンとも同じ提案をしてもらいました。フリートークとニュースの記事でのフリートークの2つでした。

ニュース記事を題材にフリートークするともっと表現方法が身につくそうです。しばりトークに撃沈してきた私は自習とフリートークしばりなしが1番だと思っています。先生は好印象でした!

kojo

PC98のプログラムを入力するために学ぼうと思った英語。小学生の時、腹式呼吸から学び始めた。 その後受験英語を勉強した後、留学制度のある月業を選び、大学でネイティブの先生の授業を受ける。そしてアメリカ留学、バックアッキングでアメリカ国内、ヨーロッパを一人旅。日本に戻ってからはNOVAで一年くらいであとは、独り言イングリッシュで持続。海外メーカーのスタッフの来日のアシストで送迎と食事などのアシスト経験あり。英語の発音が得意。最近私だからできる英語の発信でブログを制作。最近はNFTの発信の為に再びオンライン英会話に挑戦中の50代ブロガーです。みんな英語が話せるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA