• 土. 3月 2nd, 2024

NFT風作画技術とリアル撮影の融合がもたらすプロフィール写真撮影の価値

Bykojo

2月 7, 2024

投稿日:2024年2月7日 最終更新日:2024年2月7日 記事制作:kojo

NFT風作画技術とは、デジタルアート作品に唯一無二の価値を付与するための手法であり、ブロックチェーン技術を利用してデジタルアート作品に所有権と希少性を証明することができます。一方で、リアル撮影は実際の被写体をカメラで捉えることにより、そのアイテムの雰囲気や特性をリアルに表現する手法です。NFTという言葉はノン・ファンジブル・トークンの略で、日本語にすると非代替性トークンのことです。本来コピーが簡単なデジタルデーターを暗号通貨に紐づけることで証明するということです。有名な作家やプロジェクトのNFTが高値で売買されているのを横目で見ながら、私たちのレベルで実際に有効利用するとするとプロフィール写真と相性がいいのです。NFTのPFP(プロフィール・ピクチャー)というジャンルには独特の作風があります。

NFT風作画技術の導入によるプロフィール写真の新たな価値

NFT風作画技術をプロフィール写真撮影に取り入れることで、以下のような新たな価値が生まれます。

  1. 希少性と所有権の明確化: プロフィール写真がNFTとして発行されることで、その写真は世界唯一無二の存在となり、所有権がブロックチェーン上で証明されます。これにより、プロフィール写真は単なる画像から証明書的なデジタル画像トークンへと変貌します。(唯一無二とはいえ、同じ写真、イラストを複数枚NFT化することは可能です)
  2. デジタルレタッチや生成Aiと写真撮影の融合: 生成Aiやレタッチ技術を用いたデジタル作画とリアル撮影を組み合わせることで、アナログ風の温もりとデジタルの革新性を兼ね備えたプロフィール写真を創出することが可能になります
  3. アート作品としての価値: NFTとしてのプロフィール写真は、単なる個人のイメージを超えてアート作品としての価値を持ちます。これにより、写真は個人のブランディングだけでなく、芸術的な価値をも表現する手段となり得ます
  4. 市場での取引可能性: 一つの可能性として、NFT化されたプロフィール写真は、NFTマーケットプレイスでの売買が可能となり、写真の価値が市場で評価される機会を持つことができます。ウォレット間で画像データーを転送することもできます。
  5. コレクタブルとしての側面: 例えばOpenSeaの様な巨大なプラットフォームではプロフィール用のNFTが販売されています。有名で希少性が高いNFTプロフィール写真は、コレクターにとって魅力的なアイテムとなり得ます。これにより、写真は個人の記念品を超えて、コレクションの一部としての意味を持ちます。その様な収集される様なNFTになり得る可能もあります。

リアル撮影の重要性

リアル撮影は、以下の点で重要です。

  1. リアリティの提供: リアル撮影により、被写体のリアルな質感や表情を捉えることができ、視覚的な真実性を提供します
  2. 感情の伝達: 実際に撮影された写真は、被写体の感情や雰囲気を直接的に伝える力を持ち、視聴者に強い印象を与えます
  3. 瞬間の捉え方: リアル撮影は、一瞬の表情や光の変化を捉えることができ、その瞬間瞬間の美しさや重要性を記録します

NFT風作画技術とリアル撮影を組み合わせることで、プロフィール写真は個人のアイデンティティを示すだけでなく、デジタルアートとしての新たな価値を持たせます。これは、プロフィール写真撮影の価値を大きく高めるものと言えるでしょう。

NFT作画技術の基本とその魅力

NFT(Non-Fungible Token)作画技術は、デジタルアート作品に唯一無二の価値を付与するための手法です。NFTはブロックチェーン技術を利用して、デジタルアート作品に所有権と希少性を証明することができます。これにより、デジタルアートが従来の物理的なアート作品と同様に、資産価値を持つことが可能になります。NFTを使ってのサービスもその直々で色々あります。旧TwitterであるXではプロフィール写真に利用すると6角形の特別感のある表示になります。

NFT作画技術の基本

NFT作画技術の基本は、デジタルデバイスを使用して作成されたアート作品をNFTとしてブロックチェーン上に登録することです。作品はイラスト、3Dモデリング、音楽、動画など多岐にわたります。作成された作品は、NFTマーケットプレイスで販売され、購入者はブロックチェーン上でその所有権を証明されます。プロフィール写真では、機械的にレイヤーの組み合わせを変えた「ジェネラティブ・NFT」が主流になっています。

NFT風作画技術の魅力

NFTの魅力は、アーティストが直接作品を保有できる点にあります。製作者のデーターと所有者のデーターが暗号通貨の取引履歴として紐づけられた写真データーといえます。また、NFTは売買も可能です。企業での利用の場合は、会員証の様に使っていただく無料のサービス券として発行するのが良いと考えています。会員のウォレットに送る場合に手数料が掛かりますが、特別感があります。さらに、NFT作画技術はデジタルアートの改ざんやコピーが困難であるため、作品のオリジナリティを保護することができます。NFT作画技術は、アートの世界に新たな価値観とビジネスモデルをもたらし、経営者にとって新しいプロフィール写真表現の場とすることができます。データーを作成してOpenSeaの様なプラットフォームでNFT化することができます。事前にガス代を呼ばれる発行手数料分のイーサリアムを購入しての準備が必要です。私自身はMetaMaskを利用しています。

業務用ストロボを使ったリアル撮影の重要性

ストロボを使ったリアル撮影とは、商品やモデルを実際に撮影することで、そのアイテムの雰囲気や特性に光をあてて魅力を表現する手法です。例えば、モデル撮影では、モデルが商品と関わることで、商品の魅力を引き出し、顧客に対する購買意欲を刺激することが可能です。生成Aiなどを使ったデジタルだけでは実現できない人間的な力を指します商品の色や質感、形状などを正確に伝えるだけでなく、商品が持つストーリーやブランドの世界観を伝えことも可能ですリアル撮影と生成Aiやレタッチ編集は、商品やモデルの魅力をリアルに、人間的に表現するための有効な手段です。絵を描く様な写真撮影になるという点において、業務用ストロボの利用をお勧めします。定常光での撮影では色表現、ハイライト表現などの点で足りない部分があるのです。予算に合わせて自社ストロボスタジオを持つことをお勧めします。もしも設備を整えることが難しい場合は、出張撮影を依頼することになります。

NFTで流行った横顔NFTの作成例です。一つの例に過ぎませんが、さまざまな遊び心で作る楽しさがあります。また普通に撮る写真でもあっても、楽しめる物語を作れます

白バックや黒バック、その他合成が可能です。また、肌のシワやシミの除去も必要になります。適度な修正は写真表現の一部分です。表情や一緒に写す品物によってイメージが変わります。どちらの場合でも鮮明な人物撮影の写真が必要になります。鮮明で魅力を引き出すライティングで撮られた写真が必要です。

生成Aiを使うと文字もコントロールできる

ChatGPTを有料で使うと、プロンプトの文字列を入れてブロックやプレートのあるイラストを作ることができます。まだ、日本語では成功した経験はありませんが、英語ならなんとか使えるイラストを生成することができています。

生成Ai作ったイラストデーターの有効活用とプロフィール写真を有効活用する時代になりました。

私は鮎の友釣りが大好きです。最近は行けていませんけど。

どんな写真がいいのか、迷うと思います。フォーマルなのかカジュアルなのか、趣味なのか。自分らしさは自分で決めるか、話を聞いてもらって他者から教えてもらいましょう。

株式会社フォトサリュ

さまざまな施策を行ってきました。その中で柱になったのは写真でした。写真は目の前の風景や人物、物体や雰囲気を静止画として定着する技術です。3次元を2次元で表現する魅力があります。5感に訴えかける写真を撮る様に心がけています。現在、写真を取り巻く環境はすごい勢いで変化しています。ストロボによる写真撮影を中心に、レタッチによる画像編集やレタッチ、生成Ai利用での新しい写真表現を考えています。撮影機材を持ち込んでの撮影が可能です。また、撮影後の画像の加工が可能です。set a light 3Dに画像データーを読み込んで再撮影することもできます。3枚ならべてストロボを設置、強さを設定して撮影した写真です。

 

kojo

I love photograph & flash lighting in the studio. photosalut.com 写真好き、特にストロボ写真撮影!NFTアート思考を撮影と編集で現代社会にどうマッチさせていくかで見える社会変化。撮影とビジネスのはざまをSEO対策とブログ運用と宣伝広告を楽しむヒント発信中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA